« 制作中 | Main | 日曜日 »

2004.03.28

ジョゼと虎と魚たち

愛しいタイトルとぬるく光るような映像とくるりの歌が胸にひびいて、 観たいと思っていた映画。原作が田辺聖子と知ったのは昨日の夕方、本屋をまわっていたときのことだ。同名の小説を表題にした短編集が平積みスペースに並んでいた。映画のワンシーンを使った表紙に映画を宣伝する帯がついている。へえ、と思って手にとって、そのまま買って帰った。

夜、夫と子どもが早寝したので、blog用の文章を少し書き、更新し、webをまわり、小腹がすいてお茶漬けを食べたりしていたら日付も変わって深夜になった。ダイニングの椅子に座って、キッチンの小さな明かりの下、「ジョゼと虎と魚たち」を読んだ。短い物語だった。短いけれど、濃密だった。身体中に何かが満ちて、少し泣いた。気持ちよかった。

映画はたぶん観ないと思う。もしもテレビで流れていたら、眺めるくらいはするかもしれない。けれど、劇場やレンタルショップに足を運んでまでは観ないと思う。私の中には、池脇千鶴でないジョゼと、妻夫木聡でない恒夫が生まれてしまった。もう誰にも代われない。ジョゼも恒夫も私の世界に何人もいらない。呆気なく、私はふたりにやられてしまい、すっかり愛しくてたまらない。だからこのまま胸に抱き、静かに育てることにする。

|

« 制作中 | Main | 日曜日 »

Comments

I was suggested this website by my cousin. I'm not sure whether this post is written by him as no one else know such detailed about my difficulty. You are amazing! Thanks!

Posted by: Clash of Clans Hack Tool | 2015.01.02 22:42

「ジョゼと虎と魚たち」、僕は映画を見ました。池脇千鶴は最近、気になっている女優なのですが、やっぱり存在感がありますね。ひさしぶりにいい日本映画を見たという印象です。劇場で涙をこらえるのに苦労しました。パンフによると、原作とかなり変わっているようなので、そのうち原作も読んでみようと思います。いずれにしても、脚本がすごくよかったと思います。島根の主婦のデビュー作らしいです。

Posted by: 遊民 | 2004.04.09 23:05

こないだ「ドラゴンヘッド」をレンタルして観た。
大好きな漫画が原作で、山田孝之くんが出てるんで気になって。つい。
想像以上に最悪の仕上がりで、結末さへもあらぬ方向でまとめられてて呆然とした。
違う解釈のドラゴンヘッドはいらんかった。自分の世界は大事にせなねー。
ドラゴンヘッドも妻夫木聡が主演。この人主演は、それだけで観たらあかんって思う。

Posted by: 桃々 | 2004.03.30 16:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジョゼと虎と魚たち:

» ジョゼと虎と魚たち [論駄な日々]
出社する前に、近くの本屋に立ち寄り、ひっさしぶりに小説らしい小説を買った。きっか [Read More]

Tracked on 2004.08.22 22:06

» ジョゼと虎と魚たち [論駄な日々]
出社する前に、近くの本屋に立ち寄り、ひっさしぶりに小説らしい小説を買った。きっか [Read More]

Tracked on 2004.08.22 22:13

« 制作中 | Main | 日曜日 »